シャキット富山35集会「524万円もかけた「高岡市民の歌」またまた公募?」で思ったこと

昨日、シャキット富山35の集会「524万円もかけた「高岡市民の歌」またまた公募?」で問題提起をさせていただいた。私の提起はさておいて、フリートークに参加して気づいたこと、その後少し調べて思ったことをとりあえず2点だけ、報告がてらメモっておきたい。
 
まず、「市民の歌」はこちらです。
 

f:id:discour:20190417111346p:plain

 
1)この歌への批判だが、歌詞の問題点が「男しか出てこない」ことではなく、「男はりりしく」「女はりりしい男を支え生きる」それが「家族の愛」だという、「性役割や家族愛の強調」にあることに、私は昨日の参加者の発言からようやく気づけた。
 だから、この歌が、男を強調・賛美する歌だからまずいというより、「男はりりしく、女はその男を支えて(家族)愛に生きる」という性別役割分業による生き方を高岡市民は「心の支え」にするようにと謳っていることが男女平等に反するから問題だということだと思う。
 さらに言えば、林真理子氏が「男たちのりりしさ」を讃えた御車山(みくるまやま)祭りは、その説明が見当たらなかったが、依然として女を排除する祭りである。女の子は山車に上れないし、曳き手も男性のみである。
 山に上れることに「優越感」を感じたという高岡の男性による正直な感想もある。>「山町の男の子しか乗れないのだ。」という優越感みたいなものも少しあったように思う。
 このように女を排除する祭りを町の自慢として営々と続けていくのはどうなんだろう。これに女の子ものせるように、また曳き手に女性の参加するようにと働きかけるのが男女平等推進条例により「男女平等社会を目指す高岡市」行政のやるべきことではないのかと今回のシャキットの申し出とそれへの市の対応を通じてつくづく思った。
 さらにそれだけではなく、今回恥ずかしながら初めて御車山に関心を持ち、サイトなどで調べてみると、なんと近隣の町々より自分たち高岡の祭りがすごいとして近隣の町が同様の曳山車祭りをすることを許さなかったという恥ずかしい歴史があったことを初めて知った。そうした排除の歴史を祭りのサイトで自慢気に書いているのもなんだかなあと思う。 
 祭りの沿革に出てくる「津幡屋与四兵衛」なる人物が何者かも記さないサイトも自分だけわかればよいとし、予備知識のない人向けに説明しようとしない内輪感を感じさせるものだ。この人が近隣の町でも山車を出すのを見過ごせず他の町の祭りに文句を言ったところ役人に捕まり、拷問で死んだということがこの公式サイトなるものでは書かれていないが、いろいろ探すと他のサイトには書かれている。
 女を排除し、近隣の町の祭りを藩主から頂いたものではないからと排除してきた御車山の沿革を知ると、この歌だけを書き込んだ「高岡市民の歌」は、「市民の歌」としてますます適さないと思うに至った。女にしろ、他の町にしろ、他者を排除する特色を持つ祭りを「ふるさとの誇りや愛着を育」む歌とするのはどうなんだろう。しかも、福岡町との合併を記念する歌なのに、高岡の中心街のいくつかの町衆の男衆だけの祭り、しかも他者を排除することで成り立っている祭りをことさら歌詞に入れ込んだ歌はふさわしいわけがないと思った。こういう歌を、隣町との合併記念に作るセンスも甚だ残念としか言いようがない。 
こんな「おらが町自慢」に終始しているから高岡は地盤沈下も甚だしいんじゃないのーとも思った。
新たに公募をかけるとして3番、4番を追加したいと市長は言っているようだが、こんな排除の論理に満ちた祭りの歌が2番にあるのであれば、その歌自体、市民の多くから愛されないのではなかろうか。
  
 
 2)高岡市男女平等問題処理委員会は、市民が問題を提起する場であるが、その処理委員会が誰が委員長かということも示さない無責任体制である。さら、なぜ申し出を却下したかも公に示せ得ないほど自らの判断に自信が無いのか、あるいは秘密主義なのか、いずれにしてもこの委員会の責任のとりようが問題だと私は集会で述べた。
 すると、参加者の中から、問題処理委員会自体が一番問題だという意見が出た。セクハラやレイプ、DVなど性暴力が#me too 運動でやっと少しは表に出てくるようになった昨今、そうした問題の駆け込み先であるべき問題処理委員会が機能しないのは本当に由々しき事態であると私も思う。
 地方自治体の第三者機関でも、存在の意味はあると思う。何も訴える先は国だけではなく、地域ごとに多くの駆け込み先があるということが重要なのである。高岡市の男女平等問題処理委員会は、富山県内では唯一の第三者機関である。それが機能しないのは非常に大きな損失であることが再確認出来た。
 今後は、多くの人が申し出て使っていくのがいいのではないかということも述べたし思っている。

『富山は日本のスウェーデン』(井手英策著・集英社新書)への異論をいう集会の記事

 

女性の地位向上など 学習会で問題を提起 

「日本のスウェーデン」に異論

>同書では、出生率や女性労働力率が高いことから北陸と北欧の類似を指摘する。しかし、県内では女性の就業率が高くても管理職の割合は低く、家事負担率も高いことから、女性の地位の低さや負担の大きさなど重要な視点が抜け落ちていると批判も出ている。会では困窮者支援に関わる人やシングルマザー経験のある人らが登壇し、暮らしの中で感じる問題や県の政策について自由に発言した。

二十数年前にスウェーデンを視察した「認知症の人と家族の会」の勝田登志子さんは同書に「介護の生活実態が書かれていない。富山はスウェーデン? 全く逆だと思う」と語り、高岡市のウェブ制作フリーランス笠谷亜貴子さん(48)は「(富山では高福祉が)女性の犠牲と我慢によって成り立っていることを称揚している。スウェーデンで公的な福祉である部分を、自助努力でカバーしている富山はすごいという褒め方に違和感がある」と話した。

会場からは「県内の首長はLGBT(性的少数者)問題など人権の問題には無関心」といった意見が出ていた。主催者の一人で富山大非常勤講師の斉藤正美さんは「集会では認知症、男女賃金差別、障害、LGBTなど抱える問題は違えど今の政策では困るという人がいた。制度を変えたいと考える人たちの小さな声を聞き取る場を今後もつくっていけたら」と話した。 (柘原由紀)

 
 

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20190221/CK2019022102000244.html

「富山は日本のスウェーデンか?」集会がニュースに

昨日、富山市で開催した「富山は日本のスウェーデンか? 暮らし⇔政策を考える!」には、たくさんの方にご参加、ご発言をいただき、感謝しております。

報告などアップしていきたいと準備していますが、まずは北日本放送さんがニュースにしてくださってますのでご覧ください。とてもマイルドな感じに仕上がっています。

 

富山は日本のスウェーデンですか?|KNBニュース|北日本放送|KNB WEB

 

 

家族を称える井手英策氏議論に見る危うさ

 本誌(『週刊金曜日』)12月14日号に慶応大学教授井手英策氏の著書『富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国』に疑問を提示する「富山県民座談会」が掲載され、私も参加した。その主張に対する井手氏の反論インタビューも同時に載った。ここでは井手氏の主張が孕む問題点を指摘する。

  根本的な問題は、井手氏の表明するスタンスとその行動が矛盾していることだ。インタビューで井手氏は「保守層に利用」されることを怖れるといい、自身がリベラルの立場だと打ち出す。だが実際には保守の石井隆一富山県知事から県の基幹政策に関わる審議会のアドバイザーなど重要な委員を複数委嘱され、県主催のシンポジウムで司会をするなど井手氏は知事と緊密な関係にある。同氏は県より紹介された人脈に依存し、県のモデル事例を当該書でポジティブに紹介している。

 次に、困窮者への視点が弱いことだ。同氏は生活保護の受給率が全国最下位であることをもって富山の住みやすさの指標としている。しかし、富山では生活保護の申請が行政に認められる率が36.2%と全国平均50%に比べ低いことが受給率の低さの一因だ。同氏は行政が保護以外の制度を紹介しており、困窮者が救済されているというが、県議会では代替制度が使いづらいと指摘され、知事も対応の必要を認めている。

 第三に、ジェンダー視点がない。ジェンダー視点に基づき女性の生きづらさを主張した座談会に対して、同氏はそうした主張の根底には、男が外で働き妻が従うという固定的な家族像があるという的はずれな指摘をしている。座談会では、共働きでも家事負担の重い女性は生きづらいという例を示したのだが、同氏は共働きになれば女性の生きづらさはなくなると軽く考えているようだ。  

 さらに同氏は、「家族」をよいものとしてやたらに称揚する。危機の際には社会が「家族的なもの」に回帰するというが、根拠は示されていないし、そもそも座談会で「家族的なもの」による女性への抑圧を示したことへの反論にもなっていない。

 井手氏のように家族の内実を問わずに家族を称揚すると、家族を打ち出し、個人主義を弱め、社会保障を削減したい保守政治家らに利用されることが危惧される。

 また井手氏は、自身のフェイスブックの公開記事で富山座談会について「富山に住む人たちを貶める」と述べ、「廃刊になった保守系の雑誌と同じ構図」として、『新潮45』と同種の問題だとするなど、強く反発した。これは「日本を貶める」といった右翼言説にも通じ、批判を封じるものだ。LGBTへの明らかな差別である『新潮45』特集と我々を同種のものとみなすとは、論外だ。

 井手氏の議論は、女性や弱者を軽視し、個より公共を優先する点で極めて危険だ。これを危ぶみ、富山では複数の集会が開かれる予定だ。

                       斉藤正美(富山大学非常勤講師) 

本稿は、『週刊金曜日』2019年2月1日号の「論争」欄に掲載されたものです。同誌の許可を得て、再掲しています。

 

「富山は日本のスウェーデンか?」集会のお知らせ

久しぶりのポストです。2月17日に下記のような集会を開催します。

『富山は日本のスウェーデン』(井手英策、集英社新書)という富山をスウェーデンに喩える本が刊行されています。これに「とんでもない!」と大変迷惑している富山県の市民が集まって問題提起する集まりです。主催は、レッドアクションとやま*の有志でつくる「暮らしと政策を考える会」です。

とき:2月17日(日曜)10時-12時
ところ:富山市駅前CIC学習室(3F)
主催:暮らしと政策を考える会
連絡先:suzuransakura(あっとまーく)gmail.com

以下の報告を皮切りに意見交換します。
労働-女性労働~男女差別賃金訴訟の闘いから(高木睦子)
教育-シングルマザーの子育て・待機児問題(笠谷亜貴子)
子どもの権利(土井由三)
貧困-困窮者支援・生活保護受給の現場から(堀江節子)
 福祉-富山型デイはどのようにつくられてきたのか(勝田登志子)
 LGBT/SOGI(ダイバーシティラウンジ富山)など
(タイトルや詳細は変更する可能性があります)

開催意図:井手氏が富山県の政策を無批判に宣伝しているので、この集会は暮らしや文化という点から富山県の政策を問うことになります。特に今年は統一地方選参議院選の年でもあり、くらしの中でおかしいと思っているジェンダー男女共同参画や教育、福祉、LGBTなどの問題とそれに関連する県や国の政策について議論する機会とします。

富山をスウェーデンに喩えるというキャッチーなフレーズを活かして、幅広い人たちに、既成の政治への対抗的な動きを見える化していきたいと考えています。奮ってご参加ください。

富山県の政策は、安倍政権の女性・家族政策をなぞっているだけなので、安倍政権の政策批判にもつながります。この集会での議論については、全国に発信する意義があると思っています。取材などもどうぞよろしくお願いいたします。 

www.facebook.com

女性のレッドアクションとやま、明日です。

 女性のレッドアクションとやまは、明日2月19日12時半より富山駅CIC前の広場で行います。

みなさま、お気軽にご参加ください。共謀罪に関する金田法務大臣の迷走する答弁、稲田防衛大臣南スーダン自衛隊に関する答弁のひどさや、稲田大臣の罷免問題について、あるいは、メディアよ、森友学園安倍晋三記念小学校の問題を追求せよ、でもなんでも、訴えたいことを訴えましょう。